社員大工が施工する顔が見える住まい造りで国産の無垢材やオリジナルのホタテ漆喰といった自然素材、天然素材にこだわった地域密着の家造り大工集団です。

無垢とホタテ漆喰の大工集団

大工高野は耐震補強を前提にリフォーム工事を行なっております。

大工高野の社員大工は耐震補強工事を専門に行ってきた施工実績があります。

我々は耐震補強工事の技術に長けた大工集団です。 

代表である私も3年間耐震工事を専門に施工した実績を持っています。
是非、耐震工事に対する疑問、不安を大工高野にお聞かせ下さい。
どんな内容でも予算に合った工事の提案、解決に全力で取り組みます。

また大工高野は日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(通称 木耐協)に加盟をしております。加盟時の講習で言われた建物で救える人生があると言う話に感銘を受けて依頼、この日本で生活をする上で避けて通れない耐震補強工事に全力で取り組んでおります。
画像の説明
既存の壁を写真にあります構造用合板で土台から梁までをつなぐことで国が定める補強基準を満たすよう強くしていきます。

東京に大規模な地震が来るといわれて久しい昨今、大工高野はこれからのリフォーム、リノベーション工事には耐震補強が不可欠だと考えております。

今までのリフォーム工事には水周りや床、壁等をきれいにするといったリフォーム工事に対するイメージがあったと思います。しかし東京を含め日本の多くの地域に大規模な地震が来るといわれている昨今、、大工高野は国が定めた基準に達していない古い建物のリフォームには必ず耐震補強工事をご提案しております。

どんなにきれいにしても安心や安全のない住宅に本当の安らぎは得られない、また地震がきて壊れてしまっては意味がないからです。

また、現在では地域ごとに区や市からの補助金の制度もありますので一度、ご相談だけでも聞いてみてください。
画像の説明
1枚目の写真にありました構造用合板の裏がこのような施工内容になっております。
基礎から直接、ホールダウンと呼ばれる上への引抜きを防止する金物を取り付け阪神淡路のような地震に対応し、横揺れに対しては横桟となる木材を2本づつ入れて東日本大震災のような地震に対応できるように施工をしております。詳しい写真は下の参考写真にまとめておりますので
ご覧いただきたいと思います。

その他、耐震補強工事にはどういった工事があるのか

基礎の補強工事

画像の説明
解体工事が終わり床が出てきたら基礎の補強工事をする場所の
土を掘っていきます。
この作業をネギリと呼んでいます。
現場に応じある程度の深さに溝をほり地盤を強化につなげていきます。
画像の説明
ネギリをした箇所に鉄筋を組み、その後からコンクリ-トを流していきます。
なるべく既存の基礎が強くなるように施工をしていきます。
また、厚みのあるビニールを引き込むことで湿気を抑えるようにします。
画像の説明
コンクリートを流すための枠を必要な箇所にたてていきコンクリートを
流していきます。
コンクリートの量がある場合はコンクリートミキサー車を頼んで
コンクリートを流し込む作業を手伝ってもらいます。
量がそれほどでもない場合は スコップでねって枠の中へ流し込んでいきます。
画像の説明
枠をはずすとおおよそ完成となります。
但し、コンクリートには乾燥期間が必要です。この乾燥期間は季節によって
様々ですが1週間が一つの目安となる養生期間と言えるかもしまれません。
もちろんもう少し長く養生期間が必要な場合もあります。

金物の補強工事

画像の説明
現在、耐震補強工事で重要となっているいくつかの要素で写真の
金物による補強が上げられると思います。
写真の金物はホールダウン金物と呼ばれる下から上に突き上げてくる
地震に対して建物の浮き上がりを防止するために建物の必要な箇所に
取り付ける金物です。
阪神淡路の地震からより多く普及してきました。
画像の説明
引き抜き防止の金物工事には梁の引き抜き工事も含まれます。写真の金物は1tの上に引っ張られる力に対応する金物です。

画像の説明
阪神淡路大地震の際の縦への引き抜きに対する金物になります。
現在は耐震補強工事にとどまらす新築でも必ず施工される金物にまります。

横揺れ防止の補強工事

画像の説明
横揺れの地震に対して耐震補強の工事に一般的には筋交いと呼ばれる施工方法が広く知られていると思うのですが木耐協ではこの横桟工事が基本的な補強内容となります。個人的にも古くは法隆寺から続く伝統工法もこの横に貫を通す工法のため信頼性が高いと考えております。

建物全体の構造を強くする梁の補強工事

画像の説明
古い住宅ですと建てられた当時、柱が少ないという場合は見られます。そのような場合は柱を増やすかまた写真のように梁を補強すると言うやり方があります。

横揺れ防止の仕上げ 合板の補強工事

画像の説明
土台から梁までをつなぐ合板工事になります。この工事で壁の補強工事が完成となり、壁の強度も格段に上がります。
画像の説明
木耐協の推奨しています耐震方法がこの部材を使用した合板工事です。揺れに対応するためわざと3分割してありこの方法がとても大事になります。

[添付]
[添付]

大工高野が考える耐震補強工事

これから必ず必要になる耐震工事とは

大地震が近い将来来るのでは言われる現在でも費用のことを気にして
施工を見合わせる方がたくさんいると聞きます。「うちはお金が無いから今は言いや、、」
しかしこの10年で多くの地震が起きて家族の誰かが建物の犠牲になってしまった際には決して同じ結論にはならないと聞きます。
最後は後悔が残ります。しかしそれは工事に携わった工務店にも同じこと、同じ責任があると言えるのです。
画像の説明
地震の揺れには大きく分けて2つの揺れがあります。
ひとつは阪神大震災の際にきた縦揺れで
もう一つは東日本大震災にきた横揺れと大きく分けることが出来ます。
大工高野が考える耐震補強工事とはその両方の揺れに対して有効な耐震補強工事です。
写真はホールダウン金物と呼ばれる金物で阪神大震災のときのように揺れが縦方向に来た際に建物が上に浮くのを抑える働きをします。
古い建物の多くが建物を上から押さえる力のある金物がついていないケースが多く大きい地震の際に建物が持ち上がってしまいます。
そのような際に基礎から離れず建物を支えるためにこのホールダウン金物を取り付けます。

画像の説明
写真にある格子状の木材は東日本大震災の際に起こった横揺れに対応する補強工事になります。
もともと、大きな開口になっており壁ではなく全体が引き違いの窓になっていました。
ですから筋交いのような補強材もなければ柱もない状態です。
このままの状態で大きな横揺れが起きた場合に建物のこの部分に揺れのエネルギーが集中してしまいます。
そこでこのような補強内容をお施主にご提案をしました。
この施工方法の考え方は神社、仏閣にみる伝統的な横貫の工法と考え方は一緒だといえます。
大変、横揺れに効果を発揮すると考えています。
更に柱と横桟を金物で連結、更にこの上から構造用合板で固めてしまうので相当な強度が得られると思います。
もちろん一部を過剰に強くすることも逆効果になりかねません。
あくまで建物全体の重心と剛芯を計算した上での耐震補強工事が必要になります。

トータル 1672昨日 1今日 2

耐震工事

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional