自然素材・断熱・多摩産材などを使う次世代への新築住宅

無垢とホタテ漆喰の大工集団

新しい住まいへ 新築工事のご紹介

年間5棟限定 内装を無垢材と漆喰だけで作る             自然素材の住宅「こもれびほーむ」

大工高野の新築木造住宅「こもれびほーむ」は内装に国産杉の無垢フローリング、階段、ドアの枠にも無垢の木材、壁と天井にオリジナルホタテ漆喰「シェル・プラス」を使用して28坪、1480万円から

&show(): File not found: "R5297823.JPG" at page "新しい住まいへ";

画像の説明

画像の説明

こもれびほーむのご紹介 1坪50万円からの自然素材の新築工事

画像の説明

小平の新築工事「MRハウス」の外観写真。ガルバの黒い外壁が目を引くモダンなデザインになっています。

大工高野の新築木造住宅「こもれびほーむ」は内装に国産杉の無垢フローリング、階段、ドアの枠にも無垢の木材、壁と天井にオリジナルホタテ漆喰「シェル・プラス」を使用して28坪、1480万円から

画像の説明

画像の説明

 

大工高野建築工房は新築工事を「こもれびほーむ」という一つの形として紹介をはじめました。詳しくは大工高野の新しいホームページである「こもれび大工高野」をご覧ください。ブログ「暮らしの入り口」から見れます。

その理由は「こもれびほーむ」という住まいの仕様をある程度決めてしまうことでよりスムーズに住まい造りを行い金額、工期を抑えるという目的のためです。画像の説明
写真は造り付け家具を写した「こもれびほーむ」の写真ですが床は国産杉の無垢材、壁と天井はオリジナル漆喰であるホタテ漆喰「シェル・プラス」の塗布、その他枠材には国産材の木材の使用、、、これが「こもれびほーむ」の基本仕様になります。もちろんこれ以外にも色々と自然素材、羊毛、ヘルスコ等の自然素材を使用した住まい造りが「こもれびほーむ」です。画像の説明
家は個人的なものです。
だから細部に対する間取り、仕上げに対するこだわりはとても大切なことです。
家の大きさ・高さ・時に防火地域ごとの約束を守れば、後は住み手の自由です。
背の高い人が住むなら、住む人に合った高さの天井にすれば良いですしドアが邪魔ならドアを付けなくても良いのです。
予算がなければ仕上げをせずに下地のままでいい。(写真参考)
 
もしこれから住まいを建てるなら自分や家族に合った住まいを自由に楽しんで造ることをお勧めします。
たとえば、左右の足の大きさが違っていても売られてる靴は同じ大きさを購入しなければなりませんが、家はその人に合わせて造れます。
だから自由に楽しんで住まい造りをしてみてください。
 
単行本がたくさんあれば、単行本だけを入れる本棚を造り、料理が好きだから気持ちの良いキッチンを自分なりに考える、なにも家は家電製品のような工業製品ではないのです。
 
ただ自分の好きなように造ればそれで終わりではないと大工高野は考えます。
 
30年後に建て直すような家や、貼った瞬間はきれいだけど時間がたつとすぐにみすぼらしくなる仕上げ材や、夏や冬に電気をどんどん使う家や、日本の山を見捨てて、意味もなく外国の木を使うのはもう良くないんじゃないかと感じています。

東京の材料(多摩産材)を見直そう 

画像の説明

“世代を超えて残せる家を”

それはとても大切なことです。
だからこそ家の骨格である柱や梁は国産材、できればより風土の近い木材を使い、建てた後もその木材が気持ちよく生きて行けるような住まいを造りたいと思っています。
皆さんは東京生まれの材料があるのをご存知ですか?
現在、多摩産材として紹介されている木材です。
写真に写っているのが多摩産材の写真になります。
実は東京の材料はとても強度を持っている木材なのです。
その上、本来木材は取れた場所に近いところで使用することが一番その木材によいといわれています。
しかし、その反面いまや東京の木材はニーズがなく非常に厳しい状況です。
本来、山の木を植える、切るを繰り返し山に手を入れることでその栄養が海に流れ出て自然の循環に大きな役割を果たしています。
また外国製の木材は多くのエネルギーを使い運ばれています。
これらのことを考え、大工高野は地場の木材にこだわった家造りにこだわっていきます。
 

デザイン 

画像の説明
 そして一番大事なことは次の世代に残せるデザインです。性能は情報も多いのでコストさえかければどうにでもなりますが、デザインは簡単にはいきません。
 
 大工高野は建物の構造・断熱・そしてそれらを覆う仕上げ材や色、省エネの性能、、、その全てを含めたデザインが現在・そして未来に最も重要な家の姿になるととらえています。

こもれびほーむ####''''は具体的に提案をしています。

トータル 2545昨日 1今日 2

新しい住まいへ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional