社員大工が施工する顔が見える住まい造りで国産の無垢材やオリジナルのホタテ漆喰といった自然素材、天然素材にこだわった地域密着の家造り大工集団です。

無垢とホタテ漆喰の大工集団

大工高野の家への想い

画像の説明

大工高野が目指す家造りとは

大工高野は、どういう住まいを造るのか その事にこだわって仕事をしています。  3本の柱の話

人が一番多くの時間を過ごす住まいが、住み手にとって「本当に居心地の良い空間になるようにはどうしたらよいのか」そのことを常に考えています。
・顔が見える大工、職方がお施主と直接対話をしながら進める住まい造り。
・100%無添加の材料を使うことで住み手、住まいにとって健康な住まい造り。
・無駄なエネルギーをコントロールする次世代の技術、スマートハウスで電気を使わない住まい造り。
この3つを大工高野の住まい造り 3本の柱として住まいに向き合っていこう、そう考えてます。
画像の説明

大工高野が考える良い住まいとは

住み手にあった家を造る

例えば人によって体の大きさも違えば、持っている物も違います。
本をたくさん持っている人、長いコートをたくさん持っている人、人と違って狭い空間が好きな人。
家に最初から答えなどなく、住み手によって家族構成や環境によって変化していくものです。
画像の説明
もちろん建売がよいという人もいると思いますしその考えは決して悪いことではありません。
しかし、住み手が一人一人独自の個性、家族構成、生活スタイルを持っていることも確かでありその住まいを「仕立てる」「あつらえる」ことでより豊かで住みやすくなる事も事実です。

大工高野は、お施主とたくさん話しをし工夫を重ねることで希望に近い家造りが希望の予算内で出来ると考えています。

そのような住まいが本当に生活をはじめたときに住み手を豊かにしてくれると思うのです。

自然の素材を使い気持ちのよい家造りを・・・

我々は、家造りのルールにまず許す限り自然の素材、材料を使って家を造るという考えを持っています。
これは何も特別なことではなく、以前から日本人が大切に守ってきた事です。
家を支える柱や梁に近くで採れた無垢の木を使い、壁や天井に漆喰を塗る。
長い時間の中で日本人が自然に暮らす中で導き出した最良の家造りの考え方、答えなのです。
電気などなかった頃の家造りが、今やエコの見本なのです。
画像の説明

住まいは人の人生を大きく左右します

明るい家は人を明るくし、暗い家は人を暗くすることがあります。
空気の良い家は人の健康を守り、空気の悪い家は健康に害を与えることもあるのです。
人にとって住まいとは、きれいな水を必要とするサンゴや魚にとってのきれいな水のようなものだと思うのです。
もっとも多くの時間、それも大切な時間を過ごす住まいを我々は造っています。
だから顔がわかる大工、職方のいる工務店で住まいの話しを聞いてみてほしいのです。
どうぞ、大工高野の家に対する想いにぜひ一度ふれてみてください。
画像の説明

資料請求、お問合せ

トータル 1488昨日 0今日 1

 

家への想い

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional