社員大工が施工する顔が見える住まい造りで国産の無垢材やオリジナルのホタテ漆喰といった自然素材、天然素材にこだわった地域密着の家造り大工集団です。

無垢とホタテ漆喰の大工集団

大工工房が提案をするお洒落な自然素材の造りつけ家具

大工高野ではその住み手、住まいにあった収納を造ることをお勧めいたします。

画像の説明
写真の作り付けの家具は天井までの高さにあった自然素材の家具をというお施主の希望に合わせて大工高野がデザインと施工をしました。
平均的な天井より高さが低い場合にほしい家具が入らないということがあります。
そのようなときにはその住まいに合わせた家具の製作はとても収納に力を発揮します。
画像の説明
この写真のように壁一面、収納にするというのも大変有効な場所の使い方だと思います。
この作り付けの棚には工事をする前から何が入るのか全て予定がされていてその入る品物の大きさで棚の高さを決めています。
入る品物が未定の棚は可動として上下できるように作っています。
画像の説明
お施主からは新しく造った自然素材の住まいに合った同じ自然素材の家具がないから色々と作ってほしいと希望がありました。
そのような依頼は住まいの造り手として大変嬉しいものです。
中には住まいと家具のデザインが合わずに住まいの内装の印象が落ちているお住まいもあります。

小物が大変お好きだったために花や古い小物が飾れる低いカップボードがほしいとの依頼で写真の仕立て家具を造りました。

国分寺マンションリフォーム「古民家風の家」家具の製作に入る

画像の説明
「古民家風の家」も大工の内装工事が無事に終わり家具の工事に移って
います。
漆喰の後に行なう工事もありますので全ては出来ませんが12日の月曜日で
一度、左官工事にバトンタッチです。

住まいを仕立てるという発想

大工高野のソーホー自宅事務所でも数年前に仕立て家具を造りました。
西側が畑で何もなかったため、西側にあった窓をつぶし直射日光を避けるために壁を造り、断熱材を入れました。

仕立て家具の良さはなんといっても、手持ちのものに合わせて造れること、材質、デザインを自分で決められることです。

大工高野の自宅事務所の造りつけ家具では、レコードやスピーカーなどの寸法に合わせ手造ってあり、棚によって可動にしてあります。
また今後も手持ちのものに合わせ、造り替えていくことができます。

画像の説明
少し写真が曲がってしまいましたが本棚の全容が見えてきました。
これだけの容量があれば沢山の本や書類が入ると思います。
画像の説明
本と書類の量が大変多くその本や書類をどのようにスッキリしまうかが
このリフォーム工事の大きなテーマの一つでもありました。
そこで壁2面に対し造り付けの本棚を床から天井までの高さに
造ることになりました。
正確さが求められる作業になりますので慎重をきしての工事です。
最終的には床と同様に柿渋入りの自然塗料での仕上がりになります。

トータル 2854昨日 0今日 1

作り付け家具

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional