社員大工が施工する顔が見える住まい造りで国産の無垢材やオリジナルのホタテ漆喰といった自然素材、天然素材にこだわった地域密着の家造り大工集団です。

無垢とホタテ漆喰の大工集団

フィンランドは本当にムーミンの世界でした。

美しい風景がどこまでも続くフィンランド。
自然を壊さずに街を造ることで豊かな景色がいたるところで見ることができます。
画像の説明
この写真は夏の朝に撮った一枚です。
夏は1日中、明るくたまにこんな霧が湖に立ち込めます。
冬がとても厳しいフィンランドでは夏を思いっきり楽しみます。

画像の説明
ヨーロッパでは古いものを大事に長く使うという考え方が徹底してあります。
大変、すばらしい考え方だと思います。
写真のログハウスも100年以上経ったものだと聞きました。
日本では考えられないぐらい建物がゆがんでいますがむしろ味わいがあって面白くて思わず写真をとってしまいました。
但し、ドアは開きづらそうでした。
近所にこんな自然や建物があったら本当に素敵ですね。
画像の説明
いろいろなフィンランドの街を歩きましたが水辺が多いのが共通と感じます。
それは湖であったり、海、川であったりと様々ですが非常に上手に水と暮らしている印象を受けました。
大きな道を作る際にも獣道に道路を造らないという話を聞きました。
まさに自然に対する考え方がよくわかる話だと思いました。
自然とうまく寄り添いながら生活する、自然を尊重するその考え方こそ敬愛するアールトさんに通じるものの見方なのでしょう。
画像の説明
ヘルシンキ等の都市を除くと街の印象はこの写真のイメージです。
このような景色の中で仕事をしたり生活をしていると落ち着いて物事に向き合えるようになりました。
何か考えたいときは近くの小さな湖に行ったり山を歩いたり、、、
美しいイメージが今も強く残っています。
画像の説明

トータル 1273昨日 1今日 1

フィンランド日記

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional